ピアノを習ったおかげで人生に潤いができたこと

私は小学校低学年からピアノを習い始めました。ピアノを習ったおかげでクラシック音楽が好きになり、
人生に楽しみと潤いを持たせてくれる趣味を持つことができて本当に幸福感を感じました。
そもそもピアノを習うきっけとなったのは、幼稚園の時から通っていたヤマハ音楽教室を辞めることになり、
その時にヤマハ音楽教室からピアノを買ってほしいと言われました。そしてその会社経由でピアノの
先生を紹介して頂いて私のピアノ生活が始まりました。ピアノのおかげで学校から帰ってもピアノの練習をするという
大きな目的ができたのは大きかったです。また、学校の音楽のテストもいい点数を獲得することができました。
何よりもクラシック音楽に対して幅広い知識が身に付いたことです。音楽の良さを味わう術を身に着けることができたのは
本当に大きな武器です。ピアノを習ったおかげでピアノの技術の向上や音楽に対する知識が増えただけでなく、
踊りの方にも興味を持つことができました。ピアノのおかげで成人してからいろいろなジャンルのダンスを経験しました。
特にモダンバレエは多大な音楽性が要求されます。音楽がよく理解できると踊りも楽しいです。
モダンバレエにおいて子供のクラスは技術の習得が主ですが、大人のクラスになると音楽性をはじめ、
表現力が大きなウエイトを占めてきます。そのようなことから音楽と踊りは密接な関係があり、
両者は切っても切り離せない関係があるとつくづく感じました。まつ毛